最新ドイツ情報 第四回

ドイツ子育て事情その2(おもちゃ屋さんのボードゲームについて)

SPIEL2012  
これ全部ボードゲームです!  


ボードゲームの卸しなのに今までこれに触れずにきたのが何故だったのだろうと言った感じですが、
今更ながらドイツのおもちゃ屋さんでのボードゲームの販売状況です。

ドイツのおもちゃ屋さんではゲームというとボードゲームの事を差していて、
日本でいうコンピューターゲームは店の規模にもよりますが、置いていません。
コンピューターゲームはビデオシュピール(Video Spiel)と言われ、
専門のゲームショップか電気屋さんに置かれている事が多いです。
そして、ドイツでのボードゲームの認知度はとても高く、
おもちゃ屋さんだけじゃなく大きなスーパーとかに行けば、
日用品の横のちょっとしたおもちゃコーナーにも1棚全部ボードゲームといった事も珍しくありません。
普通のおもちゃ屋さんなら大体3棚くらいは全てボードゲームといった感じです。
日本だと、どの店もほとんど同じラインナップでほんとに片隅に追いやられている事って多いですよね。
ビルただ、「こんなにボードゲームに場所をとってお店は大丈夫か?」
と一度あるショップの店員さんに尋ねた事があるのですが、
なんで?といった顔をされた後
「もちろん売れるから置いているんだ!」
といった返事が返ってきたのがとても印象的でした。

右の写真のように百貨店などは、
今月の売れているボードゲームトップ10などの
ランキングのコーナーを作ったりしていて(さすがに日本でも売っているタイトルがランクインしていますが)力の入っているのがわかりますよ。
日本のおもちゃ屋さんにもこの3分の1でいいのでボードゲームが店頭に普通に置かれる日がくるのを楽しみにしていますよ。